幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ

黒いスーツの男の人

家賃下落に打ち勝つ対策

住宅街

3年〜5年の築年数リスク

不動産投資のリスクの代表格が空室リスクです。空室は家賃収入を生まないため、マンション経営で失敗する最も大きな原因となります。しかし、空室と同様に考慮しなければならないリスクがあります。それが家賃下落リスクです。このリスクをまったく考慮しなかったばかりに、マンション経営に失敗される方がいらっしゃいます。マンション経営で失敗しないよう、投資を始める前にしっかりと計画を立てることが重要です。家賃下落リスクが最も大きくなるのが、3年から5年の築年数のマンションです。3年から5年の築年数は、新築としては扱われません。しかし、新築マンションが競争相手となるため、家賃を下げないと新築マンションに勝ることができないケースが多く見受けられます。

2つの対策方法

3年から5年の築年数のマンションで考慮しなければならない家賃下落リスクには、2つの方法により対策を取ることができます。1つ目の対策方法が、そもそも新築マンションを購入しないことです。築10年以上の中古マンションを購入することで、家賃下落リスクを大幅に抑えることができます。築10年以上になると家賃下落幅が少なくなるため、リスクにさらされることがありません。マンション経営で失敗する危険性を抑えることができるため、築10年以上の中古マンションは非常におすすめです。2つ目の対策方法が、可変間取りのマンションを購入することです。撤去しやすい壁や動かす壁を採用したマンションは、築年数に関わらず入居者ニーズを満たし続けます。また、リフォームもしやすい特徴があるため、修繕費を抑えることにもつながります。ワンルームにも1LDKや2LDKにもなるマンションを購入し、家賃下落リスクに備えましょう。

安全性の高い投資方法

スーツの男性

マンション経営は、株式投資とは異なり失敗するリスクが非常に小さい特徴があります。マンションの価値が数ヶ月で半値になることはなく、家賃が0円になることもありません。また、団体信用生命保険に加入するため、万が一に備えることもできます。

View Detail

これからに適した資産形成

インテリア

定期預金はインフレにまったく対応できないため、実は非常に危険性の高い金融商品です。それに対し、マンション経営はインフレに対応できるため、失敗するリスクが小さい特徴があります。また、年金と同じように安定した家賃収入を得られるため、着実に資産形成を行えます。

View Detail

地の利を活かす不動産経営

集合住宅

マンション経営を失敗しないためには、不動産の周囲の環境とその変化に目を向けることです。滑り出しが順調であったマンション経営も、時が経てば環境は変化して、物件もリフォームが必要となります。経営が頓挫しないためにも、世の中の変化に即した対処が大事です。

View Detail

Copyright© 2016 幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ All Rights Reserved.