幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ

女の人

安全性の高い投資方法

スーツの男性

株式投資との違い

マンション経営は失敗しそうで怖いと、株式投資を行われる方がいらっしゃいます。しかし、失敗するリスクは株式投資の方が非常に高く、大きな損失を抱える危険性があります。マンション経営と株式投資を比較すると、両者の違いがよく把握することができます。マンション経営では、マンションの価値が半年で半値になることはありません。しかし、株式投資では、わずか数ヶ月で半値になることは珍しくはありません。また、株式投資では、配当金による利益が突然失われる恐れがあります。企業の業績次第では、配当金が0円になるのです。しかし、マンション経営で家賃が0円になることはないほか、家賃が半値になることもありません。マンション経営は、失敗するリスクが非常に小さい特徴があります。

万が一にも備えられる

マンション経営を行う際には、金融機関から借入れを行うことが一般的です。この借入れにより失敗するのではないかと不安に感じる方も多くいらっしゃいます。しかし、金融機関から借入れを行う際には、団体信用生命保険に加入します。この団体信用生命保険は、債務者に万が一のことが起きた場合に、生命保険会社が金融機関に残債務を全て支払う保険です。そのため、遺された家族には、債務が一切ないマンションを保有することになります。これは株式投資で行うことができず、マンション経営などの不動産投資だけの魅力です。生命保険代わりにすることができるため、非常に安心して金融機関から借入れを行うことができます。マンション経営は失敗するリスクが高いと勘違いされている方は、安定した家賃収入を得る人生を自分から放棄していることを意味します。

Copyright© 2016 幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ All Rights Reserved.