幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ

女の人

これからに適した資産形成

インテリア

実は非常に危ない定期預金

マンション経営は失敗しそうで怖いと思われている方が、非常にリスクの高い定期預金に大事な資産を預けられています。元本が保証されている定期預金は、一見リスクがないように見えます。しかし、定期預金は非常にリスクが高く、特に現在の日本経済にはまったく適していません。定期預金がリスクが高いのは、インフレにまったく対応できないためです。定期預金の金利よりインフレ率が高ければ、それだけ資産が目減りしてしまいます。一見安全だと思われている定期預金は、インフレ時にはただ単に資産価値が減少するだけになるのです。現在の日本経済はデフレから脱却しつつあり、今後はインフレ傾向が見られることが予想されています。定期預金に大事な資産を預けることは、今の日本経済にはまったく適していないのです。

インフレに対応できる理由

インフレにまったく対応できない定期預金に対し、マンション経営はインフレに対応することができます。そのため、資産形成で失敗することがなく、着実に豊かな人生を歩むことができます。マンション経営がインフレに対応できるのは、資産価格にあります。インフレ時は路線価が上昇するため、その分マンション価格も上がります。マンション売却時に大きな売却損を抱えなくて済むほか、購入価格とほぼ同程度で売却することも可能です。インフレに対応できるマンション経営は、失敗リスクが高いどころかむしろ低い特徴があります。また、安定した家賃収入を得られることも、マンション経営の魅力です。年金と同じように毎月安定した家賃収入を得られるため、資産形成で失敗することが非常に少ないでしょう。

Copyright© 2016 幅広く対応出来るような物件選びがマンション経営の失敗を防ぐ All Rights Reserved.